若気の至り

中学一年生になって初めてのプールの授業のときに、とても恥ずかしい思いをしました。というのも、私はムダ毛自己処理をするということを全然知らなかったのです。
つまり、わき毛ボーボーでその授業を受けることになってしまいました。

しかも、実はあまり気にしていなかった、剃るものとも思っていなかった私は友達に指摘されるまで何も気にしないでふつうに授業を最後まで受講していました。
幸いなことに、男女共学のがっこうではありましたが、中学生という年齢から男女別々に授業だったことだけは助かりました。

その日はちょうど友達の家へ遊びにいく予定だったのですが、友達がお母さんに私のプールでのわき毛事件を話すと、
そのお母さんがわざわざ今からお買い物にいきましょうと言って、電動のシェーバーを買いに連れ出して下さいました。

そして、その子のお家で断髪式ならぬ断毛式が行われました。家に帰り、きょうのあまりに恥ずかし過ぎる一連の出来事を母には話せずにいましたが、母が友達のお家にお礼の電話をしたときに、あちらのお母さんがこんなことがあったのですよ、と、話を聞いたらしく、電話を切ったあと、母に謝られました。

気付いてあげなくて、教えてあげなくてごめんね、と言われました。あれは本当に恥ずかしい出来事でした。娘にはきちんとムダ毛自己処理を時期をみはからって教えてあげなくては、と思っています。

14歳わかがえる方法

空気が悪くなったのは脱毛のせい

ビーチでさっそく着替えてみんなでお酒を飲みながら盛り上がっていたんですが、一点気づいてはいけないものに気づいてしまいました。 友達の水着から下の毛がはみ出していて、それも一本だけだったら、ん?気のせいかな?と思えたかもしれないんですが結構目立ってて。

近くにコンビニとかもないような辺鄙なビーチだったのでカミソリも買えない状況だった上に、 友達の女の子は結構人から言われたことを気にしてしまうタイプなので、伝えなかったら好きな男の子にも気づかれてしまうし、かつ正直に伝えたらその日一日落ち込んでしまうしイヤ~どうしよう~と悩んでいたら、

あなたを変えるスキンケア

その男の子が小声で00ちゃん、正直水着から毛がはみだしてるよね、ああいうの引くわと言ってきて、うわ~どうしようと思って砂じゃない?見間違いだと思うよって強引に説得しました。

なので、女子二人になったタイミングで友達に毛がはみ出てるよ、と指摘したら00くんも気づいたかな?って予想通りものすごくテンパっていたので、私の方が男の子に近かったし角度的に絶対気づかないって!と言ってその場を収めることが出来たんですが、あまりにもいたたまれなかったので後日しれっと脱毛サロンに行きたいんだけど一緒にいかない?って誘っちゃいました。

出かける前のムダ毛処理は危ない!

とかくムダ毛自己処理は、出かける前に鏡を見て、やってしまいがちです。

知人A子は、それでなくても前準備が遅いのです。ある日一緒に車で出かける前に、彼女はいつものバタバタの最終段階で、鏡を見てしまったのです。眉が気になったらしく、かみそりで眉を整えたのです。案の定、出血したようです。

一番後に車に乗り込んだ彼女を見たら、眉あたりに白い物が見えます。オロナイン軟膏です。そしてその側に血がにじんでいます。そもそもそんなに人の眉なんてそうそう気にしません。彼女が出かける直前に剃らなかったら、何も起こらなかったはずです。

整えようとした事がアダになり、眉の側にオロナインの白い固まりと出血したてだと直ぐ分かる真っ赤な血が・・・。いやが上にもどうしたんだ?と見ざるを得ません。

これが、出かける前じゃなく、余裕のある時間だったら、傷もできないだろうし、傷ができても傷隠しのオロナインだってちゃんと色が見えないように塗りこんだはずです。

もし血が出ても半日も経ったら、血も止まって、出かける時はファンデでも塗れば誰も気づかなかったでしょう。
あれから何十年も経ちましたが、あの軟膏の白と赤い血の光景が未だに忘れられません。

10日で腹をへこます

制服はムダ毛であわれにも

制服通学の学校だったため、半袖のシャツの下は濡れてしまうと透けてしまうという残念な制服でした。仲の良い、美人の友達はいつも男女問わず囲まれるタイプでした。身振り手振りを加えて、人を楽しませるのが得意な子でした。

いつものように、大きく手を挙げながら話した瞬間、チラッと見えてしまったのです。脇にしっかりと生えている毛が。周りに一緒にいた友人たちは気づいていなかったと思います。でも一度気づいてしまうと、ちょくちょく見えてしまう瞬間があるということに気づきました。

どないせいリンク

それからは、相手の見えてしまう瞬間が気になって、気になって仕方ありませんでした。そして、ふと自分の毛が気になったのです。

生え始めたばかりの自分は見えないだろう、どう処理していいかもわからないから恥ずかしいし…なんて思っていたのですが実は自分のも見えているのではないかとビクビクしながら一日を過ごしました。

できるだけ手を上げないように、でも不自然でないように気を使いながら一日を過ごしました。見えてしまっていた友人にも伝えたい気持ちにもなりましたが、なんて伝えたらいいのかわからず、見なかったことにしました…。ごめんね。

トップウエストが90cmを越えてしまった!

私は北海道在住の53歳男性です。

私がダイエットを決意したのは、トップウエスト(お腹周り)が95cmになったことがキッカケでした。
体型的には決して太っているわけではないのですが、35歳を過ぎたあたりからお腹だけが出てくるようになってきました。

確かに、お腹の膨らみと並行して体重も増えてきました。
お腹が出てきても、「中年太りに成りつつあるな」と思うくらいで、さほど気にはしていませんでした。

20代の頃は、食べ過ぎた時に一時多少お腹が膨れることはありましたが、お腹はほとんど出ていませんでした。
高校生の頃から野球をやっていたので、筋トレをしていたこともあって腹筋がけっこうありました。

ところが結婚をして数年が経った35歳頃からお腹周りに変化が出始めて、40歳の時にさすがに自分自身でも「マズイなぁ・・」と思うようになりました。

その時にヘソの真上を頂点にして初めてトップウエストを測ってみました。
サイズは88cmでした。

ただその時はまだマズイと思っていただけで、何か対策を取ろうとまではしませんでした。
しかし45歳の時になんだか身体が重たくなってきて、足の爪を切ろうとした時にお腹の出っ張りが邪魔で苦しくなっていました。

気が付いたらトップウエストが95cmにまでなっていました。
そこで初めて本気で【ダイエット】をしようと決意しました。
短期間での無理なダイエットは身体にも精神的にも良くないので、焦らずじっくりと少しづつ始めることにしました。

食べ過ぎをセーブして、炭水化物の摂取量を減らす生活を続けました。
そして53歳になった現在の私のトップウエストは83cmです。

理想の肌